江原がマジー

乳酸菌と耳にして思い浮かぶのはカルピスです。幼いころから、毎日味わっていました。それは乳酸菌があるからです。お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで大変健康になりました。腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは周知の事実です。ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果が出ないのではという予想の人もいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、体の健康維持のために繋がっていくのです。一般的な乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。みなさんはこの事を知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。現在は毎年のように冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。年を追うごとに予防注射をする人も増加していきていますが、都市部ではとても多くの人がインフルエンザになっています。いくつも感染経路は可能性がありますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と空間を共にする場所で感染している可能性が考えられます。私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛ましい見た目でした。いろいろな治療法を施してみても、殆ど、効果がなかったのに、家を住み替えたところ、直ちに肌がきれいになり、痒みも消えました。できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効くかもしれません。息子がアトピーだと医者から診断されたのは、まだ2歳の頃でした。足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、一向に回復した、という状態までいきませんでした。結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では同じなのですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作る力があるらしいです。だから、ノロ対策に効果があるということなのですね。このごろは、いろんな感染症についての話を聞くので、意識して摂取するといいのかもしれません。子供のインフルエンザを防ぐための注射に通院しました。注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見てうたれています。予防接種の後は怖い!と伝えていました。もっと怖いんじゃないかな?と睨みましたが、あまり話せませんでした。私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。小さい頃からあったサプリメントであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、決まって私のお腹を労わり続けてくれました。CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、やはりビオフェルミンなのです。結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと様々な良い結果がもたらされます。まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、腸内環境をより良くします。その結果として、免疫の力が向上し、沢山の健康に対する良い効果が得られます。アトピーに良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いとされています。お腹が便で膨れて苦しんだ事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は誰でも体験するものだと思います。特に辛い時は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。便通を良くする薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖で改善しています。お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体の不調にも関係してきます。中でも女性に多い症状としては便秘なのです。運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが推薦します。できるのならば、便秘予防のためにも、一週間に1、2回はウォーキングしたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。乳酸菌を毎日欠かさず摂っているおかげで、私はすごく健康になりました。毎日朝には欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘に悩むことなくいられます。乳酸菌を取り入れるようになってから、お肌の調子も良くなって、ダイエットにもなりました。ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私が経験したのは、大量に食べないと、効果がないような気がします。日ごとに1パックぐらい食べて、やっと便通があるという感じです。ヨーグルトを好む人はいいですが、好まない人も、ジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り摂取すると効果アリです。乳酸菌をどう選べばよいかというと、まず、乳酸菌を含む商品を試用してみるのがオススメです。このごろでは、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、乳酸菌サプリも販売されています。内臓まで届く乳酸菌飲料を初めて試してみたとき、翌日、トイレから出られない状態なったので、試すのは休日前がいいかもしれません。アトピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下できちんと使用するということが重要です。もし、違う治療法や医薬品を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、担当の医師以外の医師に意見を求めるといいでしょう。自分だけで判断することは好ましくありません。この前、インフルエンザになって病院に診てもらいに行きました。どれくらい潜伏期間があるのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザの人とどこかで一緒になってうつったのだろうと考えています。高い熱が3日続いていて辛い思いをしました。高い熱が熱発するインフルエンザなので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。うんちがでなくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口が臭くなります。どれだけ食事のたびに歯磨きをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を経て必要でないものを出そうとし、口臭の原因になるのです。そうなると、お通じがよくなると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。おならによる臭いの原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。ですから、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるの、を防止する働きのある乳酸菌を摂り続けることにより屁の臭いを抑えることができます。オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として関心を持たれています。オリゴ糖を投与された乳酸菌は活発になり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、お腹、環境を良好にしてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は両者ともお腹の機能増進や健康の維持には非常に重要な成分だと主張することができます。1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、熱を出した後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症というものになります。インフルエンザ脳症は、生命にも関わる深刻な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残ってしまう場合もありえます。便秘に効く食料品は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食物などであります。ひどい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。この状態を改善することで、、お通じを出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、まずは腸内を改善するのが良いでしょう。アトピーに大変よい化粧水を毎日使っています。友人からすすめられた化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを信じられないくらいキレイにしてくれたのです。朝晩鏡を見るのが、今では楽しみになりました。顔を触る度にスベスベ素肌になったことをしっかり実感できます。いつ乳酸菌を摂れば良いのかですが、決まったものがありません。商品パッケージには適量と回数が、書かれていますから、それを参考にして摂ってみて下さい。1日分を一度に全部摂る場合より、決まった回数に分けた方が効果があるやり方です。夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって健康を害したので、翌日病院で診察してもらいました。先生はインフルエンザの検査が可能ですよと尋ねられました。もし、インフルエンザに感染していたら、適したお薬を接種できるので、検査したいと願いました。インフルエンザを患ったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂取しなければなりません。薬も大切ですが、何より栄養を補給することも重要です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。例え丸一日、食欲がなかったとしても、消化しやすく栄養があるものをすぐに摂ってください。最近の研究成果でインフルエンザの予防には乳酸菌がすごく有効だということがはっきりとわかってきました。実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力というものが向上して、インフルエンザの正しい予防となったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特に副作用はありません。しかしながらそうは言いますが、たとえ身体に良くてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性があるのです。消化し吸収できる量には限界があるので、常識内の量に保つと確実でしょう。そもそも、インフルエンザは風邪と異質なもの知られています。その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急な高熱となり、それ症状が3日から7日続きます。種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。しかし、肺炎をおこしたり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、恐れるに匹敵する感染症です。インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効くといわれています。1年程度前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというコンテンツを見ました。私の子供が受験生でしたので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが断然いいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です